2007年05月

しらたまというアカペラグループを長いことやってましたが、現在ソロ!ボイトレ教室に通いながら、一人弾き語り歌いしたりしてます。お勧めSOUL、R&B、イベント紹介。独り言などなどw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前にも書いたけどYou Tubeすごいっすね。いろいろ探し始めるとすごいいっぱい出てきてパソコンに落としまくっております。やっぱり昔のものは数が少なくて音や画質が悪かったりするんだけど、最近のものは数も多いし、ライブ物やPVなど種類も豊富。
 やっぱり昔のボーカルグループものやファンクものが好きな俺としては昔のものも見たいな~って気は山々で増えていってほしいなとまじで思ったりします。新しいものはDVDでもなんでもどうにか見ることできるはずだからね。
 でも、一番思ったのは音楽って新譜が出たらCD買ったり、ダウンロードしたりして聞く時代じゃなくなったってこと。前に書いたJohnta Austinのまだ出てない新譜のPVもYou Tubeで見ることもできるし、新譜出る前に目で見ながら聞けるものになってるなと。MTVの影響の延長線上だし、世界中どこでもネットで見れるようになったってことが本当にすごい。見て興奮するのもあれば、見なけりゃよかった的なものもありますけどね。ちょっとがっかりしたPVはArchie Bell & the drellsのTighten up

s-tighten.jpg


 このCDはタイトルトラックは名前通りタイトで格好良くて12月のハモラないとに使おうかと思っていたけど、曲の流れや時間の問題で悩んで選曲で落ちたぐらい好きなもの。「ノック・オン・ウッド」「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」のカヴァーも格好いいんです。だけど、PVは・・・・全然タイトじゃなかった演奏とArchie Bell(かな?アーチが軍隊時代だったら別のヴォーカル)とバックバンドの呼吸があってない。そこ外したらもうこの曲意味ねーじゃんってとこなのでちょっと辛かったな。ジャケはかわいいし、格好いいんでCDは聞いてみてください。
 がっかりしたものだけだとあれなので、今度はおもしろかったものを書きます。
スポンサーサイト
 土曜日に他のアカペラグループのメンバーと集まって話をしていたときに明日アルテで「アカペラグループが歌うらしいよ」という噂が流れました~。
 で、日曜にアルテ行ってきました。グループ名はColorsという男性グループで漫湖公園でも練習してたこともあるって言ってたのでゼロも知ってるグループでしたね。男声6人という、なかなか歌いたい男の人が少ないこの沖縄の中でボイパなしで6名という贅沢なグループでした。前後半分けて、後半の最初に2人ずつで童謡歌ったりしてました。ゼロから聞いてた話でもそうだったけどじっくり作りあげたいという思いを持ってるグループのようで、結成して1年半で、まだライブ経験が3回なんだそうです。そのせいもあってか、ライブ全体の構成がまだまだな部分もありましたが、ゴスペルちっくな曲や中音域より下の音域が主体の曲はすごくコーラスも上手でした。
 あれだけ男のメンバーがいるってのがいいなあというのが素直な感想。アルテという25人ぐらいでいっぱいのスペースで全曲マイクを使ってましたが、男6人もいるんだし、マイクを使わないで歌う曲があってもいいのかなと思ったり。
 ここいら辺はライブ後に感想の紙にも書いたことだけど、アカペラという声だけで作りあげてる音楽なので、もっと一人一人の声の力強さがアップしたらもっとよくなるということに尽きますね。
 特にゴスの曲などではコーラスのセカンドやサードもかな、の声のボリュームがあまり出ない状態で、ベースやフォースの声がしっかりしてるだけにコーラスの上のパートの音が出てないのがもったいなかった。マイクがシェアの58とそれ以外のマイク使っていたというのもあると思うので、できるだけマイクは揃えた方がいいっすよ。種類違うとボリューム調節けっこう難しいので。
 あとはColorsでどんなカラーを出していきたいのかが明確になっていけば上等だと思いました。アカペラグループ絶滅危機の沖縄にあってお互いがんばっていきたいですね。
 そういえばThe Real Groupがライブで来てるみたい。渋谷のオーチャード・ホール(収容人数約2150)がほぼ満員だったらしい。すごい人数ですな。
 You Tubeにはまってるのは以前に書いたとおりですが、いっぱいありすぎてちょっと見るのも大変になっています。やっぱり新しいR&Bも初めて見るPVなんか楽しいですが、SOUL好きな俺にとっては昔のグループのなんて最高ですね。
 で、ボーカルグループの魅力は声の掛け合いや声のバトルだったり、ハーモニーだったりいろいろあると思うんだけど、You Tube見て新たに発見したのは振り。
 O'Jaysのときにも書いたかもしれないけど、みんなボーカルグループは振り入れたりして踊ってるんだよね~。最近のグループは格好良く踊ってるグループが多いんだけど、あってるのかあってないのか分からないぐらいのときもある。これがまた無理に踊らなくてもいいのになんて冷静な声も聞こえてきそうなんだけど、あの踊りが最高なんだよね。
 テンプスのMy Girlを初めとしてみんな踊っちゃってます。もちろんスローは踊らないのも多いけど。なんだろう、Jockson Fiveみたいに父ちゃんに教え込まれて、ばっちり踊ってるの見るのも楽しいんだけど、おじさんたちがあってないけど、踊ってるのって・・・なんかいい。
 で、結局は歌だけ歌うんじゃなくて、視覚的にも動いて楽しんで見せたいっていうマインドを持ってるかどうかっていうことなんだと思うんだけど。
 
 俺たちも今後も振りは続けていきます。たまにはあってなくても味ってことでみなさんお考えくださいな。そうそう、メンバー募集してる掲示板でドゥーワップのバンド募集を発見。ラッツなんかも歌いたいって書いてあったので書き込みしてちょっとお友達になりました。まだメンバー募集中のようですが、そのうちお互いに練習見にいけたらいいねえ。
 Ne-yoなどの新譜が出て欲しいものがたくさんあって困っちゃいますね。そして仕事が最近忙しくてたまっていたストレスで衝動買いしたくなったけど、なんとかその場は我慢。でも、Ne-yo買っちゃいましたけどね。
 なんでこう年末とかいいアルバムは同じ時期に出ちゃうんだろうね。Ne-yoのアルバムはさすが名ソングライターって感じでいいアルバムに仕上がってました。
 第3回目の今回ですが、なんとなく月1ペースと思ってたけど、季節ものはその時期にってことでJoeの最新アルバムから。

s-joe.jpg


 11曲目のJust Relax元ネタがA Tribe Called Questの93年Midnight Maraudersの8曲目Electric Relaxation。あんまりHip-Hop聞かない俺が分かるぐらいの有名グループ。曲名もかなりサンプリング?!してます。このアルバムの完成度はすごく、クールで格好いいです。ATCQのアリは後にトニトニのラファエルと元アンボーグのドーンと一時期Lucy Pearlというグループも作ってましたね。

s-ATCQ1.jpg


 そのうちうちのメンバーにもなんかコメント書いてもらおうと思ってます。来月ぐらいにはどっかで歌えるかな。Winding Road(絢香×コブクロ)の練習もそろそろできそうで楽しみだ。
 GW後半戦の最初のイベントはエボニーズバーでのAflo cobmでした。行ってきましたよ~。イベントは9時スタートだったので、9時半前にはエボニーズバーに着いてたかな。するとお客さんが4、5名・・・ちょっと大丈夫か~と思いながらビール飲んでると、エボニーレコードのえぼ太さんも登場。DJがぼちぼち曲を流しながら盛り上がってきたのは11時すぎかな。HipHopやR&B系のライブ。初めてJoy and painを生で歌ってる人聞きました。ああ、Maze featuring Frankie Beverlyの曲です。って分かんない人の方が多いだろうけど。  まあまあ、それはこっちにおいといて\(^^\)ライブ終了後もDJさんたちによるのりのりの選曲でフロアーは盛り上がって踊りまくり。主催の一人であるえぼ太さんも若者に混じって踊ってるのを見て、こっちも楽しい気分になりました。家が近所って分かったし。家に着いたのは朝の5時。  しかも、3日と4日がGW後半一番晴れてた日で、4日はいうまでもなく熟睡コース。あとの二日は大雨のため家で大人しくすごしてGWは終了。ゴスのライブから始まって、間にソウルイベントあり充実したGWでしたね。また、Chocolate milkにも顔出しにいかないとな。Mixiも始めましたが、全然よく分かってないです。
 明日から連休後半。みなさんどうすごしますか~?明日の夜はエボニーズバーのイベント、楽しみです。さてさて、Soulto Hiphop第2段はこの間ゴスのライブにも行ったのでゴスのアルバムから。

s-dressed up to the nineth


 9枚目の『Dressed up to the Nines』の10曲目、Yes,No,Yes...ヤングの甘声が炸裂のナンバーです。 ヤンマニの人にはすいませんが俺はちょっと甘すぎる声が得意ではありません。
 この元ネタは大好きなセルフコンテインドのファンクー・ボーカルグループThe Isley brothersの『3+3

s-s-3+3.jpg


 1973年に下の弟2人といとこが正式加入して6人編成になったThe Isley brothers。もうこれ大好きなアルバムなんですよ。8曲目のSummer Breezeが元ネタ。このアルバムはアーニーのジミヘン張りのギターが1曲目から炸裂してて、もう35年ほど前のアルバムになるけど今でもばりばり格好いいです。
 今はロナルドと2人だけの活動になっちゃいましたが、ロナルドのファルセットは今でも健在。このグループの70年代のアルバムはどれも外れがなくて、アップなナンバーとロナルドのエロ声炸裂のスローナンバーがたまりません。ロナルドが元気なうちに1回は生で聞いてみたいグループです。
 ネタバレにもなりますので、これから行く人は見ない方がいいかも。

 ゴスのライブ行ってきました。今回で4回目のライブでしたがG10でこれまでのを活動を総括して、11枚目のアルバムBe as oneも新しい10年に向けていいアルバムに仕上がってたのでどういうライブになるか期待を持ちつつ行ってきました。
 当日は朝からの大雨で、ちょっと肌寒い温度で、コンベンションの駐車場に行くと予想通りの池がたくさんできてた。水たまりをよけながらコンベンションに向かうと、隣でやっていたジャパレゲのお客さんはカッパをかぶってと大変そうでしたが、どうにか到着。
 会場は真ん中の通路の中央よりで、なかなかいい場所でした。舞台のセットは最新アルバムの13曲目Prisoner of loveをイメ-ジしたと思われるヨーロッパ中世風の屋敷の門構えがステージ後方に位置していて、その前にバンドというセット。クラシカルな曲が流れてきてライブスタート。



 門が開きメンバーが入場。細かい曲の流れとかは覚えてませんが、ノリのいい曲から始まり、ストリートでやっていたときのことを思い出して作ったというアカペラナンバーが続く。この曲はアルバムでは2つに分かれていて、しかも全部入っていないので初聞き。
 17:30開演。今回は前回よりアップナンバーとスローナンバーのメリハリがはっきりしていて、その上おしゃべりの時間などもあったせいか構成のよさで時間的な長さはあまり感じなかったな。この間のNHKFMの某ソウル系ラジオでてっちゃんがボーカルグループ特集をやってましたが、ボーカルグループはやっぱり女性に向けて歌うものだということを再確認でしたね。黄色い声が飛びまくり。マイクを5本並べ、昔からのボーカルグループの形で歌ったりとゴスペラッツや個々の活動を経たからか、充実の内容。アンコールを終えてメンバーが門を開けて奥に入ってライブは終了。終わったのが20:30だったので、大体3時間。前回のG10もそのぐらいだったと記憶しているが、時間的な長さはあまり感じなかった。
 今回のライブで一番感じたのはコーラスが安定してきたということ。ゴスのグループ作りでのポイントの1つは声質の違うメンバーを集めたというところだと思うのだが、それは同時にコーラスのまとまりにくさを産み出すわけで。ここが苦労するところでもあり、リードが交代すると違う声質の歌声が聞けるので、面白いってことでもあるんだけど。これまではコーラスの粗が目立つところが実際あった。今回はそれがうまくまとまるようになっていた。声の調子がいいときにライブ聞けたのかもしれないけど安定感が増した印象を受けました。


 自分が実際にアカペラやっていて、アカペラの仲間と話していてよく話題になるのがそのときに練習してできることとできないことがあるということ。曲をあわせていくと、次第によくなっていくが、どうも個々のメンバーで音が多少高かったり、低かったりでばしっとこない。キーボードの半音よりももっと狭い音の差の話でそれを認識できないと言われるとどうしょうもない。
 まあ、ボーカルグループは声だけで勝負するというシンプルなものだけに作りあげるのに時間がかかるってことですね。料理でもなんでもシンプルなものが腕の技量を計る分かりやすい物差しなわけですよ。それだけに作りあげられたものはなにものにも代え難いものになるわけですが。
 3時間も歌い続けるってそれだけでも充分すごいと思っちゃいますけどね。

 | Copyright © WE LOVE SOUL MUSIC All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。